しろがみの世界




ムスメ2号作。

新聞広告の裏=白紙(しろがみ)に描かれています。
家族の中で、動物を描かせたらいちばんうまい人です。

平和な絵。

およぐヒカリ


「おかあさん、セロファンってしっとるやろ?
図工で、ごっついええんができたんよ!」

と、ほくほく持って帰ってきたムスメ2号の作品。
影を楽しむもののようです。


なんと山羊にも自慢していました。

じまんしたいぐらい




市立図書館の絵本コーナーで、
ムスメ2号のお友達・Tちゃんに会った時のこと。

学校以外の場所で会う、ということ以上に2人を感動させたのは、
2人が同じズボン(おそろい)をはいていたことでした。

Tちゃん「ズボン、いっしょやなぁ」
ムスメ2号「ほんまやなぁ」
Tちゃん「おかあさんに、じまんしたいぐらいじゃ!」

Tちゃんのお母さんは別のところにいたため
こういう表現になったと思われますが、
「じまんしたいぐらい」がかわいくて、
それ以来私はTちゃんのファンです。

* * *

写真は、先日学校から持って帰ってきた思い出つづり(?)の1ページ目。
お友達たくさんの力作です。
たどたどしい文章がおもしろいので、
このままおもしろい作文ができる人になってほしいと思います。

作品名「にじいろレンガ」




ムスメ1号の作品。材料は折り紙です。
これ、私は好き。

「戦争のない未来に一票を!」




ムスメ一号(2014年夏休み)作。

なばたとしたかさんワークショップ




出羽島アート展のイベント
こびとづかん作者なばたとしたかさんのワークショップに
お絵かきスタッフとして参加させていただきました。

四つ切り画用紙に描く絵のお題は
ずばり「こびと」だったのですが、
こどもたちの発想は直球も変化球も面白いですね。

家族全員とそれぞれ好きなモノを足し算したこびと、
お酒好き(?)のパパから着想した「オサケホドホドニ」、
鏡餅の中に入って行くのを見た!という男子は
「ショウガツノモチノコビト」。
ネーミングも楽しい新種のこびとが
たくさん生まれていましたよ。

いやー、ホントに楽しかった。
脳をゆさぶられました。

* * *

余談ですが、今回、JRの特急を利用しました。
石井−牟岐が、乗り換えナシでたったの1時間23分。
運転が苦手な私には、ものすごく楽でした〜。
(牟岐駅から牟岐港までも歩いて10分ぐらいです)。

春風をつかまえた話

お菓子の家

4月の風の強い日。

庭の草取りをしていたら、こどもたちが転がるように走り寄ってきました。

「おかーさーん! みてみて〜!!」

手には、サンタさんの袋みたいにふくらんだビニール袋がひとつ。

「かぜ、つかまえた!」
「かぜ、ちゅかまえた!」

わあ、風、つかまえたんやなぁ。

詩のかけらのような、ひときらめきの時間でした。

遡ろう、フェルトのマスコットから




100円ショップに売っていたキットを使って、
ムスメ(7歳)が作ったマスコットです。
型紙どおりに切る、という行程はおばあちゃんにやってもらったものの、
そのほかの部分は自分で頑張っていました。

実は、私も手芸が大好きな子供でした。

初めて針を持ったのは7歳の時。
母のフェルトマスコットの本を見て、いろいろ作っていたことを思い出します。

マンデルチーゲルの茶色い缶の中に使いかけのフェルトがたくさん入っていて、
どうすればフェルトを無駄にしないですむか、型紙と格闘したなぁ・・・。

小学校の前にあった「あいはら」さんという文具店で
1枚50円のフェルトを買ってもらうのが小さな幸せでした(1枚だけ、という制限つき)。

* * *

こんな風に、忘れかけていたことを、
子供の行動から思い出させてもらうことの多いこの頃です。
自分という人間を形成している何気ない欠片を
書き留めて蓄積しておきたいな・・・と思うのは
もしかして年をとったからでしょうか。

それでも、育ててくれた家・地域・環境のことを見直すことは
自分が何者なのかを客観的に見るよい機会だと思うのです。
あたたかい思い出も、少し悲しかったことも。

現在の行動における意外なルーツが見つかるかもしれない、と
わくわくしています。

いつのまにか

カリカリ


ムスメ(3歳)が1つ大きいクラスに進級し、
念願の習い事も始めて、急にしっかりしてきました。

写真の絵は、今朝描いてくれた“おかーさんのすきなカリカリのしょくぱん”。
頑固そうなやわらかそうな・・・何ともいえない味のある顔です。

「いつのまにか」の積み重ねだな、と実感しています。

にじいろのいす




久々にムスメ(6歳)の作品です。
つくるものが立体的になってきました。

JUGEMテーマ:アート・デザイン




selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ)
続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ) (JUGEMレビュー »)
祖川泰治
★2014年7月発売。イラストを担当させていただきました。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM