教えることは学ぶこと、なんだな



ご縁があり、昨年の10月・11月、そして今年2月のアタマに
商業高校で講師をさせていただきました。

私にとっては校舎の匂いが懐かしく、
廊下を歩いた感じや窓から見える中庭などがトリガーとなり、
すっかり遠ざかっていた高校時代を思い出しました。

中にいるときには気づかなかった“高校生”という才能。

今回私が出会った生徒さんたちも、
みんなきらきらしていました。

改めて私自身と仕事のことを見直すよい機会を与えてくださった
Iさんと先生に感謝します。

* * *

4月からは、これもまた素敵なご縁で、
地元私立大学の非常勤講師をさせていただくことになりました。

若い世代と一緒に育つこと、
新しいテーマになりそうです。

関連する記事
コメント
教育の場に立つことって、素晴らしいことですね(^^)
みんな若くて、将来の可能性をいっぱい秘めてますもんネ。
あすかさんとの出会いが生徒さんの刺激になり、人生の指標になったら素敵ですね☆

四○大での講師も頑張って〜(^^)
講師、デザイナー、経営者、母・・・たくさん草鞋を履かなきゃですね♪
  • T
  • 2011/02/16 7:46 PM
Tくん、いつもありがとう。
愛あるムチ(と勝手に思っている)に感謝します。

草履もたくさん持っていたらカラフルで楽しいはず。
無理せず、できるかぎりがんばります。
  • さとうあすか
  • 2011/02/17 9:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ)
続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ) (JUGEMレビュー »)
祖川泰治
★2014年7月発売。イラストを担当させていただきました。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM