小豆島と荒井良二さん

こどもワークショップ

小豆島で行われた荒井良二さん(絵本作家さんです)のワークショップに参加してきました。
ムスメ2人も一緒です。

午前の部はこどもたちが主役。まず、ダンボールに好きな絵を描きます。
それをつなげて輪をつくり、みんなでその中に入ってふたをして完成。

みらいのかんづめ

題して「みらいのかんづめ」です。この撮影の後、容赦なくこの輪を崩します。
そして、めいめいがダンボールを持って海の見える広場まで行き、芝生すべりを楽しみました。

好きなだけダンボールを引っ張り出し、
好きなだけダンボールに絵を描いて、
好きなだけガムテープをはり、
好きなだけめしゃめしゃ壊し、
好きなだけ芝生の上をすべり、
目がきらきら。
不思議で素敵な体験だっただろうな、と思います。

こどもワークショップ

午後はおとなの部。参加者52名を26人ずつの2班にわけて、
それぞれ「全長3m50cmの猫のようなもの」をつくりました。

最初はさぐりさぐりだったものの、
いろんな人がいろんなアイデアをカタチにしていくうちに
全員の創作意欲が共鳴して、こんな作品ができたのです。すごい! 

名前は、えーと・・・“ギャーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQ”。

ギャーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQ

そして、

“ギャーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQ”

についての文章を一文ずつみんなでつくり、
ランダム選ばれた9つの文を4拍子のリズムで再構築してリーダーが朗読しました。
そうしてできた物語のようなものは、
てんでバラバラでちっとも筋が通ってないのだけれど、
何となくまとまって、しいんとしたココロの中にすっと入ってくるのです。

この物語みたいなものを受けて、おしまいに荒井さんがこんなことを話してくれました。

「起承転結じゃなくてもいいじゃない。起、承、承承承承・・・とかでもさ。」

「いつも、2回繰り返すようにしてる。

 えほん。
 えほん?

 こども。
 こども?

 にんげん。
 にんげん?

 おとこ。
 おとこ?

 っていうふうに。
 そうして自分なりの答えを探すし、
 答え、なくったっていいんだよね。」

!!!

固定観念とか先入観をいったんフラットな状態に戻して改めて考えると、
覚束ないながらも自由だし、新しい発見があって何だか嬉しい・・・
今回体験させてもらったのはまさにその感覚でした。

日常、デザインの仕事をする時には「A4のリーフレット」とか、
「横幅960pxのサイト」とか、
出力先が見えているほうがスムーズに進めることができますが、
どうも最近、その上に胡座をかきすぎていました。
出力先が決まらなくて不安な時こそ、おもしろいことができるチャンスのはずです。

余談ですが、ムスメの夏休みの宿題の絵も、必ずしも画用紙じゃなく、
ダンボールでも新聞紙でもベニヤ板でも何でもOKだったらいいなぁ
なんて思います。そのほうが審査も楽しいんじゃないでしょうか。

オリーブ公園からの眺め

すばらしい小豆島での夏休み。

荒井さん、誘ってくださった間嶋さん、小豆島のスタッフの方々、
一緒に参加したみなさん、小豆島の青い空と海に感謝したいと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ)
続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ) (JUGEMレビュー »)
祖川泰治
★2014年7月発売。イラストを担当させていただきました。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM