それぞれの思い出

ラスタビル解体

徳島駅前で存在感を示していた“ラスタビル”の解体工事が進んでいます。この防護壁のデザインを担当させていただきました。

ラスタビルは、“つぼみや”、“徳島ビブレ”、“ラスタ徳島”と各世代に親しまれてきた、徳島県民なら誰でも知っているビルです。

解体工事を担当しているのは、『株式会社徳島機械センター』さん。環境に配慮した解体工事を行っている、とても誠実な会社です。

同友会仲間でもある同社の専務さんから「解体工事で出たコンクリートは、ビルの持ち主の意向によってメガソーラーの敷石としてリサイクルされます。防護壁を使ってそのことをPRしたいんです」とお話をいただいた時、私は県民のみなさんの中にある、それぞれの思い出を喚起してもらいたいと思いました。

こどものころ母と透明のエレベーターに乗るのが楽しみだったこと、中学の時にはビブレの雑貨店で選びに選んだレターセットをひとつ購入するのが幸せであったこと、高校の時に「コーラスライン」のチケットを買ったこと・・・私自身の中にもこのビルでのあたたかい思い出がたくさんあります。

立ち止まって「そういえばこんなことあったな」「さびしゅうなるな」「でも、リサイクルされるんやな」「クリーンエネルギーの裏方やすごいでぇ」と段階的に思っていただけるよう、ビルの歴史にその年の日本と徳島の代表的な出来事を添えた年表形式にしませんか、と提案したところご採用いただけました。

今日は現場で少しだけ人通りを見ていたのですが、短い間にも立ち止まって見てくれている人がいました。やはり大切なビルだったのだなと再認識するとともに、みんなの「この場所が好きだったよ」という心の声をきいて、ビルもきっと幸せな第2の人生を送ることができるよね、と勝手に思っています。

ラスタビル解体


株式会社徳島機械センターのN専務さん、看板の施工を担当してくれたモリデザイン工房さん、デザイン案を承認してくれたビルの持ち主である企業さん、みなさまに感謝いたします。

関連する記事
コメント
 さとうあすか様

私もバス車中から拝見しました。
自分が関与していなくても徳島の歴史が
なくなることはさびしさをおぼえます。

いかにして記録、記憶に残すか・・・
今回の防音壁はどちらにも残りましたね。
ええ仕事を見せてもらいました。
ありがとうございました。

昨日の夕刊も拝見しました。
これからもますますのご活躍を・・・

             よんなま
  • よんなま
  • 2012/10/23 9:28 AM
よんなま様


あたたかいお言葉をありがとうございました。
また、夕刊もご覧いただきありがとうございます。

バスの車窓から、という視点は、
デザインする過程で
とても重要だと考えておりました。

お仕事帰り、その日あったことを思いながら、
たくさんの乗客のみなさんが
ビルを眺められていたことでしょう。

眺める風景が、ぽっかりとビルの跡地に変わった後に
いや、阿南にあるんやな、と
思ってもらえるといいなと思います。

これからも頑張ります。
本当にありがとうございました。
  • さとうあすか
  • 2012/10/23 3:55 PM
遅コメすみません(^^;)

まだ実物をゆっくり拝見できていませんが、一足先にここで内容を見させて頂きました。
しかし同い年なのに、つぼみやの記憶が一切ないのは何故やろう・・・Σ(ノ∀`*)ペチッ

素晴らしいお仕事ですね!
ビブレ(が一番記憶に残っているw)とともに、この防護壁もたくさんの人の記憶に残るでしょうね(^^)

記憶に残る仕事、ウチもやりたいものです。
これからのお仕事も期待していますね!

まずは11/8から♪
  • トモ☆
  • 2012/11/05 2:14 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ)
続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ) (JUGEMレビュー »)
祖川泰治
★2014年7月発売。イラストを担当させていただきました。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM