なばたとしたかさんワークショップ




出羽島アート展のイベント
こびとづかん作者なばたとしたかさんのワークショップに
お絵かきスタッフとして参加させていただきました。

四つ切り画用紙に描く絵のお題は
ずばり「こびと」だったのですが、
こどもたちの発想は直球も変化球も面白いですね。

家族全員とそれぞれ好きなモノを足し算したこびと、
お酒好き(?)のパパから着想した「オサケホドホドニ」、
鏡餅の中に入って行くのを見た!という男子は
「ショウガツノモチノコビト」。
ネーミングも楽しい新種のこびとが
たくさん生まれていましたよ。

いやー、ホントに楽しかった。
脳をゆさぶられました。

* * *

余談ですが、今回、JRの特急を利用しました。
石井−牟岐が、乗り換えナシでたったの1時間23分。
運転が苦手な私には、ものすごく楽でした〜。
(牟岐駅から牟岐港までも歩いて10分ぐらいです)。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ)
続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ) (JUGEMレビュー »)
祖川泰治
★2014年7月発売。イラストを担当させていただきました。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM