つながった!



日曜日、詩人で絵本作家のアーサー・ビナードさんの講演会に行ってきました。
絵本「さがしています」を書く際に広島の人たちから聞いた「ピカ」「ピカドン」という言葉を例に、言葉の中に含まれる立ち位置のことなどをお話してくれました。
真面目な内容の中にユーモアがあり、「何となく」聞いていた言葉が意味を持って迫ってくる体験をしました。
「日本語を使い続けることが世界に対する責任である」ということを教えてもらった気がします。
本当に貴重な時間でした。

 * * *

8月のアタマ、和田誠さんの「銀座界隈ドキドキの日々」というエッセイを手に入れました。
すごい人にも新人時代があったのだなと勝手に親しみを感じながら、でもやっぱり伝説のような日々だなと憧れを抱きながら、一気に読みました。

その中で、画家ベン・シャーン氏とのエピソードが綴られていました。ベン・シャーン氏が「ラッキー・ドラゴン」の取材のために来日していた時、京都の旅館まで会いに行ったというものです。

私は、「ラッキー・ドラゴン」ってどんな絵だろうと思いました。

検索してみると「ここが家だ」という絵本になっているということがわかります。
「絵本ならば、持っていよう。いつか読み聞かせできるかもしれない」。
第五福竜丸に起こったことが心に刺さる絵と文章で表されている本「ここが家だ」は私の本棚の1冊になりました。
装丁とデザインは和田誠さん、文章を書いたのはアーサー・ビナードさんという人。

9月3日。
朝刊をチェックしていると「米出身の詩人ビナードさんが核兵器反対講演 あす県立図書館」という記事がありました。
ん?
どこかで聞いたことがある名前。
「あのアーサー・ビナードさんだ!」と気づいた時、情報の神様(?)に呼ばれた、と思いました。

こうして、私はアーサー・ビナードさんの講演会を聞きに行くことができた、というわけです。

関連する記事
コメント
こんにちは
台風関連のニュースで、徳島市内の川になってしまった様子が映っていました。
徳島といえばむすめ1号、2号ちゃん!
大丈夫ですか?
  • 里美
  • 2016/09/20 6:28 PM
里美さん、ご無沙汰しています。
自宅周辺は少し冠水したところがあったくらいで
大きな被害はありませんでした。
ご心配ありがとうございます。

今夜はそちらに向かうようですので、
どうぞお気をつけて。
  • さとうあすか
  • 2016/09/20 8:01 PM
コメントする








   

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ)
続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ) (JUGEMレビュー »)
祖川泰治
★2014年7月発売。イラストを担当させていただきました。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM