ばんぺいゆ




熊本よりお送りいただいた「ばんぺいゆ(右)」。
2Lサイズのみかん(左)と比べてもこんなに大きいのです!

こどもたちは「おおきいドラゴンボール!!」と喜んでおります。

こんじきの




「こうの宮」さんのイチョウ。

見事です!

バスに乗って



大阪へ。

眉山も鳴門も淡路島も、紅葉がもこもこ美しかったです。




「でんしゃ〜!」と走っていく男の子の後ろ姿を見て、

何だろう、とても懐かしい気持ちになりました。

行くしかないのだ!




大学からの帰り、信号待ちでの記録です。

12時34分、走行距離5555km。

これはもう、行くしかないでしょう。

 * * *

私の愛車はスバル・トレジアです。

「たからもの」という名前のついたクルマに毎日乗ることができるなんて素敵だろうなぁ、と思ったのがこの車を選んだ理由のひとつでした。

こうしてさりげなく励ましてくれる、期待以上に大事なパートナーです。

笑顔のおべんとう




ムスメ(小1)のバス遠足のお弁当。
早起きしてつくりました。

絵を描くときも、デザインする時も、
「こんな風に完成させたいな」という目標はあるものの、
できあがるまでいつもドキドキします。

お弁当も同じ。時間内に理想的にできあがるかは
完成してみないとわかりません。

今日は、何とかできました。

笑顔のおべんとう、楽しく食べてもらえたかな。

おつきさまとの約束




満月の日の2日前、ムスメ(3歳)が

「おかあさん、おちゅきさまからおでんわでーす」

と、おもちゃのケータイを差し出した時、

「そうですか、あさって満月ですか。
おだんご作ってお月見させてもらいます」

と約束をしました。



こちらが、ムスメ2人がころころしたおだんご。
きなこをたっぷりかけていただきました。

 * * *

望の夜は家族でだんごまるめよう

けふの月ひらがなパズルであそびけり

居待月吾子はいづれの夢を見る

ふっくら



お世話になっているNさんにいただいた黒あずきを
甘くたいてみました。白玉はムスメ(7歳)作です。

夏休み最後の日の、のんびりおやつ。

ごちそうさまでした。

水彩色えんぴつ



初めて水彩色えんぴつを買ったのは中学生の時だったと思います。
“STAEDTLER”社の、朱・黄・水色・緑・紫・茶の6色セット。
本当はもっとたくさんの色を買いたかったのだけれど、
高くて、おこづかいでは買えませんでした。

6色セットの細長いケースのふたを久しぶりに開くと、
ほぼ当時の長さのまま、きちっとケースに収まっていました。
実はもったいなくて使えなかったのです。
たった6色でも、私にとっては「ええ画材」。
ちびちびと特別なときにだけ使っっていたのでした。

それにしても、中学の時は本当に絵ばっかり描いていました。
ささやかながら、画材を買った時の満足感。
描かずにはいられない衝動が懐かしく思い出されます。
題材は高尚なものではありません、もちろん。
けれど、技術は拙くとも、あの「上手くなりたい!」という激しい欲求が
今の私を作ってくれているのだと思います。

さて。写真は何と、36色の水彩色えんぴつ。

これだけたくさんの色があっても、使う色は限られている、とわかっていても、
そもそも手描きでイラストを描くかどうかさえわからない、とわかっていても、

・・・買ってしまいました。

あれから20余年を経ても、文具店に行くと踊る心は変わらずです。
はてさて、どんな絵が描けるでしょうか。

ポストが外にあると




ポストが外にあると

新聞を取るとき

アサガオが3つ

咲いていたりしていいな

遠くまで




頭の中でスピッツの“夏が終わる”が流れた夕方の空。

阿波おどりは始まり、です。


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ)
続・失敗しない 育児のスゴワザ52 (育児のスゴワザシリーズ) (JUGEMレビュー »)
祖川泰治
★2014年7月発売。イラストを担当させていただきました。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM